酵素を摂ることによる身体に及ぼす影響や効果について

酵素の効果とは具体的にどういったものでしょうか?

 

すべての生命活動に大きく関わっている酵素。

 

酵素は我々人類のみならず生物には絶対的に必要不可欠なものです。

 

例えば我々が食べた物を消化するに際して消化酵素が働き、それを吸収します。

 

消化酵素で分解する

 

そして身体の活動、免疫を助ける活動、考えを助ける活動などをおこす代謝酵素があって、これらが協同してはじめて人間の生命活動が維持されているのです。

 

生命活動の根底が酵素に起因するものとすればその量が心配されます。

 

体内で一日に作られる酵素の量は個人差があって一概には比較できません。

 

不足したらそれを補っていくしかありません。

 

人間が生きていく中で必要とされるものは昔から水と酸素といわれてきました。

 

最近では水と酸素に加え、酵素も必要だといわれています。

 

酵素(エンザイム)は、身体の全ての器官の生命維持活動に関係する物質で、もしなければ生命を維持することが出来ないほど大切なものです。

酵素を摂ることで、体に及ぼす効果とは?

では、酵素が体のどういった働きに関係しているかと言うと、人間の運動機能、心臓の心拍や脳、神経、内臓の働きなどに関係しています。

 

一般的に体内には数百〜数千種類の酵素が存在しているといわれています。

 

これだけ多くの酵素が存在している理由は、その一つ一つの酵素に特有の性質があり、それぞれ違った役割を担っているからなのです。

 

つまりタンパク質を分解するために反応する酵素、脂肪を分解するための酵素、炭水化物を分解する酵素など、種類が違うのです。

 

酵素は独自の役割を果たしますのでそれ以外の作用は及ぼしません。

 

このような理由から、それだけ多くの種類の酵素が存在しているのです。

 

酵素を摂ることで、

  1. 様々な生活習慣病からの脱却
  2. 肥満からの脱出
  3. 美しさと若々しさの維持
  4. 健康的な生活の維持と拡大
  5. 年齢を重ねることによる老化の予防

などが得られます。

 

サプリ ランキングで解決!

 

以上単純に考えただけでもこれだけの変化が得られるとすれば、人間の欲望が全て適ったも同然といえるのではないでしょうか。

 

体内にいつも十分な酵素かある状態にしていると、すべての細胞がいきいきと白分の役割を果たし、さまざまな不定愁訴が解決されていきます。

 

具体的に、まず最初に挙げられる効果は、腸内環境が整うこと。

 

酵素でお腹スッキリ

 

腸の調子の良し悪しは、ダイエットのカギでもありますが、いろんな種類の不定愁訴を解消するためにも重要な要素となるのです。

 

あなたの腸内環境は正常ですか?

 

  • 排便は毎日スムーズ?
  • 毎日出ない人、1日に何度も下痢をしている人は、要注意です。

     

  • 便の量は適量ですか?
  • 便が出なかったり少なかったりしていませんか?
    ちなみに日本人の平均的な量は125〜180gで、中くらいのバナナ1本分くらいです。

     

  • 色や固さはどうですか?
  • バナナのような茶色っぽい色が理想的です。
    コロコロ便、または下痢の状態は消化・吸収作用にトラブルがあります。
    黒っぽいケースだと肉あるいは脂肪の摂り過ぎの可能性大。

     

  • おならや便のにおいが強過ぎない?
  • 音がしない臭いおならが出たり、便が極端に臭いときは。
    食物が腸内において腐敗している証拠です。

 

一部だろうと当てはまる方は、腸内の状況が乱れていると推定されます。

 

ご存じのように、腸には善玉菌と悪玉菌が存在しています。

 

善玉菌は、外部から侵入してくる有害な菌を排除し、免疫力高める作用を行います。

 

それとは逆に悪玉菌は、腸内を腐敗させ、発がん性物質あるいは毒素を持った有害物質を作り、体の免疫力を弱めてしまうのです。

 

このような状態は、過食や消化の悪いものばかり食べることで、腸に食べ物が残ってしまうことで引き起こされます。

 

悪玉菌が作り出した有害物質は、腸から吸収されてしまい、血液を汚して術環を極めて悪くし、その結果、肌荒れや慢性疲労、高血圧や動脈硬化など、あらゆる病気や症状を引き起こすのです。

 

 

逆にいえば、排便が快調で腸に善玉菌が大変多くいる人は、腸の環境が整っている、すなわち健康であるといっていいのです。

 

スムーズな排便のためには、過食をせず、酵素がたくさん入った食事を心がけ、消化を良好な状態にすることが第一歩。

 

加えて善玉菌を含むヨーグルトや納豆などの発酵食を摂りましょう。また、排便を促進する食物繊維もたっぷり摂るようにするといいでしょう。

 

シミやシワを防止するアンチエイジング効果

 

便秘をするとニキビができることは、多くの女性が経験しているのではないでしょうか。

 

腸内環境の悪化は、肌にも悪い影糾を及ぼします。

 

このメカニズムは、腸内に溜まった便により悪玉菌が増加するのが原因。悪玉菌は有毒ガス(窒素残留物)を作り出し、有毒ガスは血液にのって体内を駆け巡り、最後には活性酸素を作り出します。

 

その活性酸素は、皮膚の細胞にとって毒となるため、シミやシワ、肌荒れやニキビなどの肌トラブルを引き起こすのです。

 

このような皮膚毒を作る活性酸素は、白砂糖や菓子類、酸化した油、リノール酸を多く含む油、マーガリンやショートニングの原料とされる「トランス型脂肪酸」、動物性たんぱく質の過剰摂取が根本原因です。

 

これらは、大量の酵素を費やしてもなお消化しにくく、腸内に入ってアンモニア物質(窒素残留物)を発生させ、その処理として出現する悪玉菌を極めて増大させます。

 

その際、体を守る自血球が悪玉菌の退治にかかりますが、白血球が悪玉菌を処理したあとの残骸は、活性酸素に変化するのです。

 

活性酸素に皮膚の細胞が攻撃されるとシミが増えます。また、皮膚にはリポフスチンという老化色素が生み出され、茶色いシミを作るのです。

 

そのため、ニキビなどといった肌悩みが無い美しい肌、シミとかシワの無い若々しい肌を保つことを願っているなら、腸内をキレイにすることが最も大切なんです。

 

 

白砂糖を使ったスイーツ類、酸化した油(ポテトチップスや時問が経った揚げもの)やトランス型脂肪酸を控えること。

 

そして、酵素をたっぷり摂り消化不良を防ぐこと! 腸を善玉菌優位にし続けることが肝心なのです。

 

消化カに向上よるアレルギーへの影響

 

もしアトピー性皮膚炎や花粉症などで悩んでいる人がいたら、ぜひ酵素を摂ってください。

 

食物の消化・吸収がしっかりできるような食生活を続ければ、アレルギー症状は劇的によくなるのです。

 

なぜなら、アレルギー症状の多くは、腸内環境の乱れから小腸が炎症を起こしていることに起因しています。

 

 

小腸が炎症を起こすとは、以下のような状況と考えられます。

 

腸壁は、テニスのラケットのガット面にたとえることができます。

 

炎症が起きると、その目が広がって大きくなってしまいます。

 

すると、普通は吸収できない比較的大きな分子までもが吸収されてしまうようになるわけです。

 

この状態を「リーキーガット症候群」(腸管透過性亢進)と呼びます。

 

リーキーガットは「ガットから漏れる」といった意昧なのです。

 

腸壁から血液へ、通常は存在しない物質(異物)が入り込むと、異物から休を守ろうとしてアレルギー反応が起こり、皮膚炎やぜんそくなどを引き起こしてしまいます。

 

リーキーガット症候斜を改善するには、腸内環境を盤え、小腸の慢性的な炎症を治すのがポイント。

 

生野菜やフルーツ、発酵食品から酵素をたくさん摂って、よい便を出して腸内の悪玉菌の増加を防ぎ、善玉菌を増やすことで、壁に広がった穴も正常に戻っていきます。

 

免疫力がアップして風邪を引くことが少なくなる

 

若い頃はあまり風邪などひかなかったけれど、最近はよく風邪を引く。また疲れやすく、肩もこる。

 

そういった方は多数いらっしゃるのではないかと思います。

 

背景には全部、抵抗力の減退が考えられます。

 

人間の体には、体外から入ってくる病原体などより体を守る、免疫機能が備わっています。

 

免疫プロセスが正常に機能していると、体の中に侵入した異物を見つけて攻撃し、体を守ります。

 

そうは言っても、免疫のキャパシティーは、20歳くらいがピークとなり、それ以降はちょっとずつ低下し、
40歳においてはピークの時の半分、50歳になると3分の1に至るまで低減することが分かっています。

 

ですから、年をとると病気になりやすいのです。

 

免疫作用の80%は、腸に集中しているということが明確になっているのです。

 

そこでいまや免疫の最前線として最重要な場が腸(特に小腸)であるということになってきました。

 

食物もそうですが、病原菌や有害物質などは、体外から口や鼻を通して体内に入り込み、食道から胃→小腸→大腸へと流れます。

 

そのため腸においては、食物より体になくてはならない栄養を吸収し、同時に外から侵入する様々な病原菌あるいは有害物質というものを収り込ま無いようにする働きもあるのです。

 

免疫システムは、善玉菌のお蔭で働いているのです。善玉菌がいっぱいあると、何種類もの免疫機能の全部が間違いなく稼働します。そうするのには、腸内の条件をきちんとするに限ります。

 

すなわち、食物繊維と酵素をきっちりと摂るということが基本であります。

 

腸内環境を忠化させる食生活を送っていると、年齢に関係なく免疫力は下がってしまいますので、気をつけてください。

 

免疫機能がしっかりと働いていれば、風邪をひきにくくなるばかりではなく、あらゆる病気が寄りつかない体になるのです。

 

女性ホルモンの分泌が正常化する

 

生理痛やPMS(月経前症候群)など、女性特有の悩みは、女性ホルモンであるエストロゲンの減少から起こります。

 

エストロゲンの分泌のピーク年齢は、20代から30代で、その後減少しはじめ、閉経を迎える前の段階である45歳近辺に急速に減少していきます。

 

エストロゲンが少なくなると、女の人の体は、エストロゲンの原料となるコレステロールを蓄えようと働きます。

 

この働きによって肥満を招いたり、高コレステロール血症や動脈硬化、骨組しょう症などの症状も発生するのです。

 

他方エストロゲン多過ぎると、乳がん細胞ができやすい状態になります。

 

エストロゲンを作るためには、酵素や補酵素が必要なので、それが足りない状況であれば乳がん細胞は作られません。

 

女性ホルモンを正しく分泌させるためには、新鮮な生の野菜やフルーツなどから酵素を摂ることです。

 

むくみ解消

 

これも女の人に多く見られる症状です。

 

生理前はとりわけ、体がなんでも温存しようとするので、余計にむくむと考えられますが、実はこれも酵素で解消できます。

 

それは代謝の低下がむくみの原因だからです。

 

新陳代謝がうまくできずに、血液がドロドロになってしまうと、血液で運ばれる栄養が末梢の細い血管に至るまで行き渡りません。

 

そうなると、血行不良→老廃物が排出されない→代謝がますます悪化→リンパ浮腫→むくみ、といった負の
ループに陥ります。

 

むくみにお悩みであれば酵素を摂って、代謝を上げましょう。綺麗な血液になれば、むくみはちゃんと解消されるでしょう。

 

 

 

酵素サプリを活用することによって、以上のような効果が期待できるのです。