酵素と酵母の違いを理解しよう!

酵素と酵母の違いって何?

酵素と酵母の違いってどんなものなのでしょうか?

 

酵素とは、人間の身体のなかで起っている様々な化学反応を促進するもので、タンパク質でできています。

 

つまり、食べ物の消化、吸収、代謝や不要なものの排泄なども酵素があってはじめてスムーズに進行しています。

 

人間を含む動物、植物、微生物などは、身体のなかで生きていく為の酵素を作りながら生命活動しているのです。

 

それに比べて、酵母は小さな小さな(5〜10μ)いきものです。

 

単細胞の微生物、土、水や植物の、花、果実の表面や哺乳類の鳥類にも住んでいます。

 

それは酒、味噌醤油、などの醗酵食品にも利用されています。

 

ランキングのサプリも発酵食品

 

酵母とはその名のとおり、酵素のお母さんと言う存在なのです。

 

他方、酵素は体内であらゆる生命活動に関わっています。

 

したがって酵素が不足するとすぐに体調に現れます。

 

やる気がおきないとか、消化不良を起こしたり、肌の不調を訴えるとか全て酵素不足が原因かもしれません。

 

普段、食事でとる栄養素も、体内に酵素がなければ体の役にはたちません。

 

酵素があってはじめて、摂った栄養がエネルギーに変わるのです。

 

これらのことを、解りやすくガスコンロに例えてみるとしましょう。

 

食事から摂る栄養がガスで、酵素がマッチの火です。

 

ガスとマッチ

 

この二つの力が合わさったとき、消化や新陳代謝などの人間の生命活動に火がつき、栄養がエネルギーとなり、身体がきちんと働きます。

 

酵素がなくなったら酵素がエネルギーに添加されないのです。

 

つまり、酵素はわが生命活動における司令塔なのです。

 

以上のことから、酵素が足りなくならないように、サプリの利用、活用をおすすめします。

 

酵素と酵母の違いを理解し、活用することで、ダイエットや健康維持に役立てましょう!